祝 日東モーター号完成!!

0
     どーも、日頃から行いがよい、代表 内山です。

    CoCo壱番屋で、グラマザカレー頼むと引けるくじで、当たっちゃいましたよ!!

      
    ストリートファイター×鉄拳のダルシムスプーン!
    いやぁー、ラッキーでした!!




    さて、話は変わり、苦節1年、雨ニモマケズ、風ニモマケズ、雪ニモ夏ノ暑サニモマケズ、ワンオフパーツの納期にも負けず、パーツ探しにも制作にも負けず、・・・。

    頑張りましたよ!!

    負けなかったんですよ!!

    ついに、日東モーター号、完成いたしました!!

    えっ? 日東モーター号って何って?

    知りたい人は、ブログカテゴリーの旧車ってとこから、日東モーター号の過去ブログを見つけて読んで下さいね♪



    うちに来た時は、プラグを変えたらエンジンかかったのですが、そこから、クラッチ不良を修理し、クラッチワイヤーをワンオフ制作し、クランクオイルシールが抜けていたので、なんとか手配して交換し、スピードメーターギヤも探しに探して見つけて、それに合うワイヤーをワンオフ制作し、上がった物をさらに、修正加工にだし、さらにさらに上がったものを、UKspeedにて最終加工をし、とりつけ、そして最後に保安部品を取付、したところで謎の点火不良・・・。

    しかし、根気よく原因を追求し、ようやく完成です!!




    まずはプラグ交換、取り寄せに約4週間。
    次に、クラッチ修理、壊すわけにはいけないので、十分な下調べの後、修理約1ヶ月
    クラッチが終わった後に、クラッチワイヤーが伸びきっていることが発覚し、オーダー約1.5ヶ月
    オーダーワイヤーをUKspeedにて最終加工し、取付。
    クラッチワイヤーをオーダーに出したと同時に、スピードメーターギヤを探し続けていたところ、クラッチワイヤーが出来た数日後に発見し取り寄せ、約1週間


    そして、このギヤに合うワイヤーをオーダー、試作と最終納品含めて約3ヶ月。
    最終品をUKspeedにて、加工し、装着。

    次に、保安部品を装着するための配線作り。
    写真は、ウインカー、ホーンのスイッチ


    ここで、問題発生、保安部品を繋いだら、ジェネレーターコイル(発電コイル)の容量をオーバーし、点火不良を起こし、エンジンが掛からなくなりました!!


    大問題!!

    どーやって、解決するか・・・、と悩んで1ヶ月。


    ヘッドライトとテールランプのみエンジン電源で電気を供給し、その他はバッテリー電源の別回路を組むことに。

    もちろん、当時のバッテリーは手に入らないので、もともとのバッテリーボックスにバッテリーを収めることはできません。

    悩みに悩み、7.2Vラジコンバッテリーを搭載しました。



    タンクとフレームの間に設置。

    これにて、問題解決!!
    バッテリーは個別で充電が必要ですが、しょっちゅうは必要ないので、OK?です。充電もしやすいように配線を配策していますので、車体から外さずに充電可能です。

    問題が解決したら、次々に装置を付けていきます。




    ウインカーとその右下はブレーキスイッチ。


    そして、ホーンと左上はプラグキャップ。

    プラグキャップは最初はなかったのですが、作業中に代表自ら感電しましたので、安全のために付けさせていただきました。

    ホーン左に映っているのが当時のバッテリー。
    現在は仕事をしない回路なので用済みですが、取り外すのは寂しいので、そのままにしております。

    そして、ようやく完成!!


    途中途中、作業に行き詰まり、立ち往生しましたが、通常業務の中で得た知識、身についた発想、そしてなにより、多くの方々のご協力で前に進むことができました。 ご協力いただきました皆様、ありがとうございました!!


    なんでもやります! UKspeedです!
    uk-speed * 旧車 * 10:59 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

    油漢誌面デビュー!!

    0
       こんにちわー! いや、今晩わー! 代表 内山です。
      時刻は只今12時になろうかと言うところです。 先週、ブログを更新できなかったので、今週は必ずやるぞ!と心に決めてお仕事を頑張っておりましたが、週末も週末!こんな時間になっちゃいましたよ。 眠気に対抗すべく、ゴダイゴのモンキーマジックを聞きながら頑張っております。

      さて、みなさん。 標題の件ですが、気になりますよねー。

      実は、アドレスV125用 ビッグスロットルボディー、強化燃料ポンプ、内圧バルブなどで有名な!?ブランド「油漢」が誌面デビューしますっ!!

      4月6日発売のモトチャンプと、同じく4月6日発売のカスタムスクーターに掲載されます!!

      どんな形でどの辺に掲載されるのでしょうか!!

      楽しみで、なりません!!

      みなさん、お近くの書店、コンビニでお買い求め下さい!!


      UKspeedならびに、油漢は、両誌を応援しております!!

      みんな、毎月買おう!!


      さてさて、掲載ネタはこんな感じにしておいて、隠れファンの皆さん、お待たせいたしました、日東モーターの続報です!

      先日ようやくプラグが届きまして、作業が少し進みましたー。

      こちら、問題のプラグです。最近のプラグは、BPR6HSとか、CR8EH-9とか、そんな型なんですけど、なにしろ、とーい昔の型番なんで、分類とかも少なく、「B6S」、以上! みたいな感じです。 聞いた事ねーよ!こんな型番のプラグ!

      コイツも、ささっと装着させ、既に手元に届いていたワイヤーを取り付けますが、このワイヤーも、いまでは使われない規格のサイズで作られており、もちろん、ワイヤー屋さんも、そんな特殊なモンは作れねーとのことだったので、各界著名人のお知恵をお借りして、ワンオフ追加工です。

      届いたワイヤーの先っちょは、切りっぱなし状態なので、先端部分を作ります。 このパイプの中に、ワイヤーを通して、魔法の液に浸したワイヤー先端部を通し、はんだ付け。

      この様になりました!

      思いっきり引っ張ってもとれないよ!!
      さあ、続きをさっさと組んで、エンジン始動だ!! と、思ったら、、、、 オイルシールがダメになっている箇所を発見、、、 オイルシール、特別注文します。   また、待ちだ・・・・・。



      そーこーしてるウチに、ニューフェイスが、ご来店です。

      初期型のカブ、C100の兄貴分、C105です。 C100が50ccってのに対して、C105ってのは55ccなんですねぇ。 C100ユーザーが、オレにも2ケツさせろよっ!って事で生まれた55ccのカブ、なので、シリンダー、ピストン以外は、全てC100と一緒というカブです。

      コチラは、リヤビュー。 ウインカーがかわいらしいですね。

      さっそく分解されていますが、こちらがキャブレター。 現代のキャブとちがって、フロート室が別個にあります。

      こちらは、エンジン。
      マニアの型は、お気付きかと思います。なんと、いまの最近のカブのエンジンとは違うんですよ。 いまのカブはOHCという構造ですが、この時代のカブはOHVというヤツなんですねー。 何が違うの!?って、疑問を持たれた方、是非ご来店していただき、当店の説明担当カンジ氏にお問い合わせ下さい。親切丁寧に説明してくれます♪


      こっちも、ジリジリ進めていきますので、お楽しみに〜。

      続いてー。
      イカレタ、カタナがまたもや入庫、エンジンタペット調整、フロントフォークOH,キャリパーOHなど、お仕事をいただきましたが、その他に、当店初となる、ガラスコート依頼も受けましたので、そちらのレポを。

      っっても、代表にはそんな個とする技術もどーぐも無いので、業者さんにお願いします。

      こちら、作業中のお写真です。 マスキングを下あとに、ポリッシュをして、最後にガラスコートをするそうです。 なにやら、よくわかりませんね♪ で、4時間ほど作業し、完成した姿がコチラです!!
      なんと、美しい!! これ、廃油が溜まった桶を撮影してるんじゃないですからね!! 濡れた塗装面を撮影してるんじゃないですからね!! これは、乾燥したタンク表面の画像です!! 凄く美しい!! このあと、汚れても、水拭きだけで、この輝きに戻るそうです。 ガラスコート恐ろしやー。 バイクにガラスコートを施したい方は、コチラまでお問い合わせ下さい。info@uk-speed.com 料金表が複雑なので、、、
      もちろん、お電話でもOKです。06−6350−5865
      よろしくでーす。



      あと、カテゴリー分け、鋭意進行中です。 いましばらくお待ち下さいm(_ ?_)m
      uk-speed * 旧車 * 23:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      日東モーターバイク現る!?

      0
          こんにちわ!! 代表 内山です。 相変わらず、元気いっぱいで仕事をしております。 

        大阪モーターサイクルショー出展に向けて、油漢新商品を開発中です!! 

        来月は・・・、ヒ・ミ・ツです。 

        そして、再来月はアレを、販売予定しております。そのあとの新商品は、まだ企画すら上がってませんので、告知できませんけど・・・。

        そんな、今日この頃、オモシロイバイクの修理依頼が舞い込んできました。

        その名も、日東モーターバイクの・・・・、なんて言う名前のバイクか解りません。


        コチラです!!




        超レトロ!!超クラシカル!!旧車モペットです。

        モペットとは、

        フロントタイヤ上部にエンジンを備えるヴェロ・ソレックスVéloSoleX

        モペッド(Moped)とは、ガソリンエンジン電気モーターなどの原動機を搭載した、ペダル付きの原動機付自転車(原付)をいう。Motor(モーター、原動機)と Pedal(ペダル)が語源とされる。

        本来的にはモペッドこそが原付の語源なのだが、日本では「原動機付自転車」が低出力オートバイを指すのに対して、「モペッド」はペダル付きオートバイのみを指す場合が多い。一方、海外においては、日本でのスクーターなども含め、原付一般をモペッドと呼んでいる。

        現在、原付登録台数に占めるモペッドの割合が極めて少なくなっているため、警察庁では「ペダル付きの原動機付自転車」という、奇妙な呼称を用いている[1]

        バーイ ウィキペディア。

        ちなみに、上の写真のソレックス、乗ったことありますが、フロントステアリングがチャリンコのくせに、エンジンの重量でメッチャ運転しにくかったことを覚えています。

        例えるなら、ママチャリで、ライフに買い物に行って、フロントバスケットに、2Lペットボトルを10本つんで帰るカンジです。 ハンドルが重すぎて超恐いカンジです。


        で、あらためて、コイツを観察。




        何と、エンジンは中島飛行機製!!
        中島飛行機は戦後の富士重工、現在のスバルです。
        インプレッサのスバルです。 昔は戦闘機(零戦)のエンジンを作っていましたが、戦後、GHQの指導により、オートバイ、自動車エンジンのメーカーに転身したんですねー。
        その当時のエンジンです。 超レア!!
        エンジンは2サイクル、オイルポンプなんてモノは勿論無いので、オイルを自分でガソリンに混合して給油する仕様となっております。
        混合比は、当時の他バイクのデータから、35:1と推定。
        排気量は約60cc、馬力も、付いてる部品のスペックから推察して、0.9馬力〜1馬力と思われます。 もちろん、スピードなんかでません。 

        戦後まもない日本は、行商さんが、多くいらっしゃって、自転車でリヤカーを引いて、商品を運んでいたそうのですが、やはり、人力には限界があったようで、急坂などの走破用に需要があったようです。


        つまり、早く移動する手段としてではなく、馬力補助がメインのものなので、もとから、スピードは出ないのです。




        なので、フロントブレーキは最初からついておらず、リヤのみ。
        しかし、このリヤブレーキ、ペダルを漕いでいるときは、どーやって使うんでしょうか・・・。






        そして、このもの凄いギヤ比のリヤ。
        じつはベルト駆動。



        テンション調整は、テンショナーのクランプを緩めて、フレーム沿いに上に上げるだけというシンプル構造。 

        エンジンマウントだって、同じクランプで3箇所止まってるだけ。

        ホントにシンプル構造。

        で、エンジンはペダルを漕いでけけるのですが、モチ、かかるようであれば、ウチには持ってきません。

        コイツのエンジンを掛けることからスタートです。

        さあ、頑張るぞ〜!!


        下調べは済んだし、次回ブログで、進展が報告出来るように頑張りマース!!

        uk-speed * 旧車 * 10:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        広島の平和モーターサイクルへ行ってきました。

        0
          どーも、代表 内山です。
          最近、やたらくしゃみがでます。
          なんでかなー?

          そんなことは、さておき、毎週大好評を頂いております、UKspeedのバイクちょこっと知恵袋のコーナー!!!!!

          今週は、


          町中を愛車でびゅーーっと、

          気持ちの良い季節になってきましたねー。
          気持ちよく走っていると、おや?

          いつの間にかバイクが汚れているぞ?



          なんて事ありますよね?

          そんなときはスチーム洗車!!
          ガンを握るだけで高圧スチームが噴射されて、あっという間にバイクがキレイになります!!









          あーもー、めんどくさい!!

          人間にもどーぞ♪





          メッチャ寒かったです・・・。


          って話がメインではないんです。

          広島にある英旧車カスタムショップ、「平和モーターサイクル」さんにお邪魔してきましたので、そちらのレポです。



          こちらが、平和モーターサイクルです!
          hot rod custum showや、street biker'sでおなじみのカスタムバイクショップです。 一風変わった旧車に乗りたいな〜、って方は是非平和さんへ!!
          ご興味のある方は、コチラ↓
          http://www.heiwa-mc.jp/

          師匠 天野さんと一緒に行ってきました。

          平和モーターサイクル玄関にて。


          てか、玄関見てもらうと解ると思いますが、映画のセットみたいなお店?ファクトリー?なんです。

          どの扉開けてもカッコいいんです!


          (玄関入って左のお部屋)

          ほら!




          (玄関の時計)

          ほらほら!


          (階段上)


          ほらほらほら!


          (二階雑貨売り場)

          ほらほらほらほら!


          (平和モーターサイクル社用車)


          ね?

          もう、カッコいいで、お腹いっぱいになったでしょ?

          でも、置いてあるバイクはもっとカッコいいんです!

          カッコイイバイク その1 マチレスさん



          カッコイイバイク その2 トライアンフさん


          カッコイイバイク その3 AJSさん


          カッコイイ代表 木村さんと、ひとっつもカッコよくない僕


          つーか、レベルたけぇ!!のオンパレードでした♪
          写真載せてませんが、ふるーいBMWや、ノートン、BSA、ブルタコetcいっぱいありました。

          そんなバイク達をココでカスタム!


          (作業場)

          コンターに、旋盤に、油圧プレスに、溶接機にーーーーーー。

          工作機械のオンパレード!

          夢の様な工場でした。

          置いてあるカスタム作業中のバイク達の、あんなトコや、こんなトコ、たっぷり拝見させて頂きました〜。


          そして、代表 木村さんに、カスタムについて色々アドバイスもらいました。
          ご自身で、ものすごーーーーく苦労したことや、経験したこと、部品のことetcを、惜しげもなく話してくれました。

          代表の人柄までもがカッコイイ平和モーターサイクル。

          憧れまくりました。

          僕も、腕も、人格も、たっぷり磨くぞーーーーって心に誓いましたとさ。





          おしまい。




          uk-speed * 旧車 * 20:42 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

          デボネア日記 完結編

          0
             どーも、代表 内山です。 

             こんにちわ。 

             最近、大仕事連発で、いっそがしいのなんの!!
            ありがとうございます!! 

             マグナ50ボアアップ&ヘッド&強化クラッチ&強化オイルポンプ&オイルクーラー&細々お仕事や、(写真とるの忘れましたー、ゴメンナサイ!!)
            リトルカブ二人乗り仕様にするための、ボアアップ&マフラー&タンデムシート&タンデムステップのカスタム仕事や、

            どうですか? かわいくなったでしょ? スーパーカブもカスタム、ボルティーもカスタムしますよ!

            BW'S125にビッグインジェクター&強化燃料ポンプ&点火マップ書き換え仕事や、

            カタナ1200(エンジンはGSF1200)のキャブ(20万円相当)交換仕事や、色々とオモシロいお仕事を頂きました。


             やっぱ、仕事といえども、楽しいですね♪

             エンジン性能が変わり、走りにも実感が伝わる。
             もちろん難しいし、疲れる仕事ですが、ちゃんと出来上がった時の達成感は何ともいえません。 あとは、街乗り用にバランスをとって組み込んだパーツやセッティングが上手くいって、半永久的に楽しんでもらえる事を祈るばかりです。



             あと、当店へ新しいお客様で名車 ベロセットMOVが来たり。

             近々、ハンドル交換予定です。 
            1930年代の英車で、今は無き、ベロセ社のバイクです。

             ド旧車なので、超恐いです!!


             旧車ってだけで、恐いんですが、バイクや、自動車の技術ってのは、皮肉にも戦争があって、発展を遂げてきました。 暗い話になりますので、これ以上は控えますが、


             つまり、1930年代の英車って事は、第一次世界大戦前の車両と言うことになります。 世界大戦後のバイクや、自動車は、例え古くても、現在の形の原型なので、さほどビビることはありません。

             しかし、これは戦争前のシロモノなので、エンジンのかけ方から、構造まで、今とは比べものにならないのです。

            参考までに、この車両の走るまでのプロセスは

            エンジンオイルコックON→フューエルコックON→メイン電源ON→点火時期調整レバーを始動の位置に合わす→デコンプレバーを握り、圧縮上死点を出す→キックを降ろす→(エンジン始動)→クラッチを握りギヤを一速へ(右シフト)→クラッチを繋ぎ発進→エンジン回転があがったら、点火時期調整レバーを走行位置に合わす→(通常走行)→目的地に到着したら点火時期調整レバーをアイドリング位置に合わし、アイドリングさせるか、デコンプレバーを握り、エンジン停止。





             など、操作においてすでにこの違い!! 今のバイクはボタン一つでエンジン始動し、アクセルだけで走るのにですよっ!!

             機械構造に至っては、構造はもとより、使ってる部品の材質が、今では使われておりません、コルクが使われていたり等、、、、



            ようはな何が言いたいかというと、、、




            勉強しなおしーー! って事です。 今ある知識では、難しい修理等はできないと思います。 そんな機会が無いことを願いますが、万が一なった場合は、、、がんばります。


            それはそうとデボネアの話の続きですよね?

            じつは・・・・・・・。






            パワステオイル入れて、さあ!始動だ!!と、セルを回すと・・・、

            かかりそうでかからない・・・。


            なんでやぁぁぁぁぁ、、いややぁぁぁぁぁぁ!!!!!!


            なんて思いでセルを回し続けると、バスバスバスっと、音がっ!!

            かかるんじゃねーの!?  コレ!?




            しばらくバスバスやってると、エンジンから白煙が出てきました。



            超恐いので、しばらく放置・・・。

            原因が、わからない。







            ・・・・・・・・・。





            わからない・・・。





            燃料ポンプを新品に変えたので、燃料がまわってないのかな?と思い、燃料ポンプに燃料を送り込む・・・。

            それでもかからない。



            タイミングが合ってない!?


            エンジンやり直し!?




            うーーーーーーーーーーーーーーーーーー、


            わーーーーーーーーーーーーーーーーーー、



            さいあくーーーーーーーーーーーーーーー、


            やぁーーーーーーーーーーーーーーーーー。






            エンジンバラす前に一応、自動車屋の後輩に聞いてみる。





            代「エンジンかからんねんーーーーーーー、もう死ぬーーーーーーーー。」


            後輩「症状からして、タイミングが合ってない可能性が高いですねー。」


            代「やっぱりーーーーーーー?   もう死ぬわーーーー、今までありがとうーーー。





            後輩「いやいや、待って下さい。点火タイミングって可能性もありますよ、デスビはちゃんと位置出しました?」



            代「・・・・・・・。  なにそれ。」
            コレ↓





            代(そういえば、聞いたことがあるっ! デスビとはディストリビューターの通称で、エンジンの各気筒に正しいタイミングで火花をとばす電気を出すものがあるとかないとか・・・。)



            代「やってないわ。」




            やってみたら・・・。  









            ぶるんっ!! 






            かかっったぁぁぁぁ!!!!!!!






            めっちゃ感動しました!


            言い訳するようですが、デスビってバイクには付いてないんですよねー。
            そりゃ忘れてもしかたないですよねー。

            相談にのって頂いた方々、凡ミスですいませんでした。
            深くお詫び申し上げます。





            で、かかったんで! 点火タイミングと、キャブ調整をして、





            かんせい!!





            あーーーーーー、ながかっったーーー。


            家のガレージでの作業ということもあり、工具も少ない、ジャッキもショボイ、寝板もない最悪の作業環境でしたが、皆さんに色々と教えて頂き、手伝って頂き、ここまでやれました。 ご迷惑お掛けした分、以上に成長できたと思います。 ありがとうございました。











            もう二度と、やりません。

            皆さんに、お約束します。



            ご静聴ありがとうございました。


            電話技術協力:マスタングジャンキー平野氏

            現場技術協力:株式会社 稲穂 常務取締役 山尾氏

            ロケ地:オレん家のガレージ

            撮影協力:おじーさん

            スペシャルサンクス:UKmember一同


            ご協力ありがとうございました。
            uk-speed * 旧車 * 14:35 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

            デボネア日記

            0
              こんにちわ。 筋肉痛の代表 内山です。

              人間、慣れないことをすると、直ぐに筋肉痛やら、関節痛やらに襲われます。 皆さん、慣れないことが目の前に立ちはだかったら、迷わずプロにお願いしましょう。 それが、正解です。 間違えないです。 大変です。 でも、断られたら自分でするしかないんですけど。



              というわけで、今回はデボネア日記△任后


              筋肉痛です。

              なぜなら、デボネアを修理してるからです。

              なっぜ、バイク屋の僕が、車を修理してるかというと、


              断られたからです。




              後輩の車屋さんに、半分本気の冗談チックに、10万位で直してよぉー、と頼んでみたら、旧車なんか、なんぼもらってもいやですよー♪ハハハハハ♪

              と言われまして、、、


              hahahahahaha・・・・・・。




              さて! 前回は四苦八苦してエンジンのフロントカバーを分解したところまででしたね! 今回は、いよいよ組み立て編です! 約30年間、一回も外されてないネジ達、錆達、大変苦労して、ここまでいきましたよ!!




              あー、疲れた・・・。


              で、あとは組むだけぇー、


              なんて訳にはいかなくて、

              バラしている最中に、見過ごすわけにはいかないカーボンや錆達を除去していかなければならないんです。

              まずは、シリンダーのウォーターラインの錆を取りマース。



              きれいにした写真はないですが、きれいにしましたー。


              次に、カーボンーーーーーー、各所にどっさり!!

              バルブでさえもこの有様。
              左が掃除した方。




              こいつがねー、ワイヤーブラシ程度ではとれないんですよー、マイナスドライバーとハンマーで、まるで彫刻家が木を掘るかのように削り取っていきます。 めんどくせー!!×8


              つぎは、燃焼室ー。



              めんどくせー×4



              半日かかりました・・・。



              んでー、ばるぶくんでー、





              ヘッドのっけてー。

              タイミングカバーのクランクプーリーのオイルシールもついでに打ちかえてー。













              きれいになりました。


              ラジエーターもキレイになりました。






              どんどん組み付けていきます!!
              丸一日かかりましたが・・・。



              そして元の姿に!!




              さあ!あとは、エンジンオイルと、クーラントと、パワステオイルを入れるだけや!!









              パワステおいる・・・・・、




              ないわ。









              次回に続く!!!!!!

              uk-speed * 旧車 * 10:24 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              デボネア日記

              0
                台風シーズンも無事に終わり、一安心の代表内山です。

                なぜ、一安心か? それは、台風シーズンには付き物、バイクの転倒&飛来物の衝突です。

                今年、ウチは被害ゼロでした。 よかったぁー。

                知人で2人が台風による強風でバイクがブッ倒れたと入庫いたしました。

                今更ですが、来年はしっかり対策をとりましょう!



                さてさて、今回のネタですが、代表のマイカー、デボネアさんのお話です。




                9月中旬、夜風が気持ちいいある日の夜、阪神高速を快調にとばし帰宅していると、デボネアに違和感が、、、

                しかし、水温も正常、夜風も気持ちいいので、そんな事は気にせず、走行し、高速を降りて、信号待ちにてアイドリングをした瞬間!!





                ガクガクガクガクッ!!



                なんじゃこりゃ!



                ということで、修理するハメに・・・。


                古い車なので、できるだけ分解したくないし・・・、簡単な事で済む事を祈りながら、とりあえずボンネットを開ける。

                むかーし、デスビの配線がゆるんで同じ症状になったことを思い出し、イグニッションコイルやらの配線を確かめる・・・。



                どこにも異常がない・・・。



                プラグを外し、各気筒の火花を確認、、、。


                全部とんでるし・・・。





                アレ?





                一個だけプラグが
                かぶってるぞ!?






                え?



                車は、バイクと違って、4気筒に一つのキャブでガソリンを供給してるから、1気筒だけ調子が悪くなることはないから、キャブのせいではないやろうし、






                マジで!?







                各気筒の圧縮を計ると、4番だけ圧縮ゼロ!!
                針が、ピクリとも動かない!!



                エンジン焼いたとかであれば、圧縮が落ちるだけでゼロって事はない。



                てことは?



                悪い妄想が頭の中をグルグルグルグル。






                えーーーーーい!


                開けたらわかる!!



                開けたれぃ!




                あけたことないけど・・・。






                って事で、今回のデボネア日記は、エンジン分解ROCK&ROLL! CAN RESCUE THE DEBO!!


                です。



                恐らく、4番のバルブが逝ってしまってると予想されます。

                バラス前に、部品在庫を調べます。



                各ガスケット、バルブ、ロッカーアーム、ピストンetc



                なんと!ガスケット、一部欠品、EXバルブ残3本、ピストン欠品!でした。

                最悪、ピストン終わってたら・・・。






                えーーーーーい! 開けたらわかる!!  アケタレイ!!




                まず、エアクリーナーを取って、ヘッドカバー開けマース。




                ヘッドは無事そうでした・・・。



                よぉぉーーし! カム外すぞー!!


                えいっ!






                ??




                4番のエキゾーストバルブがオワットル・・・。




                玄人向け解説

                長年の摩擦消耗によって、バルブと、コッターの溝がぶっ飛び、バルブスプリングの戻りの力を失ったバルブは、ピストンが圧縮行程に入ったにもかかわらず、開いたままになり、上死点付近にて干渉し、バルブが曲がり、そこでストップ、圧縮行程になってもバルブが閉じないために圧縮ゼロ、点火不良、4番死亡。  プラグかぶる。 に、至る。






                交換っすか・・・。


                ピストン無事っすか・・・。


                てか、こっから、どーやってバラすん・・・。






                実は、カムは外れたんですが、カムギヤが・・・。

                それもそのはず、カムギヤはカムチェーンが
                がっちりかんでるので、カムチェーンのテンショナーを緩めないと外れません。 テンショナーなんか、見栄へんぞ。 どこにあんねん。




                のぞいても何も見えへんし、


                で、テンショナーの解除方法を知人の車好きに聞いてみると、エンジンのタイミングカバー外して解除すればいいよ。との事。


                なぁーんや、簡単やん♪ よかったー、そんなんで済んで。



                と、エンジンのタイミングカバーを眺める。


                うーん。


                コレを外すにはぁー、ラジエーターおろしてー、クーラーコンプレッサーはずしてー、パワステポンプ外しテー、クランクプーリーハズシテー、

                Oh! タイヘンデース!



                うへぇー。





                やるかぁー。





                チョコチョコ時間見つけて、約一週間後・・・。





                外れました!!






                どんだけ大変やねんっ!!


                簡単に言いやがって!!


                知人の彼はマスタング乗りで、V8エンジンのオーバーホールとかやってしまう男なので、彼からしたら楽勝なのでしょう。


                やってられるか!!





                ここまできてからなんやけど、エンジンのヘッドって、どうやって降ろしたらいいんやろ・・・。





                彼に聞くと、、、ヘッドアルミでしょ?一人で持てるよ。と、


                どーーーーーーーーー見ても、どーーーーーーーーー見積もっても、
                40kg〜50kgあるやんけ・・・。



                簡単に言いやがって・・・。




                やったるわい!!!








                次回に続く・・・。


                uk-speed * 旧車 * 10:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                マスタングジャンキー平○くん

                0
                   こんにちわ、最近 副社長 ハゼットと心が通じ合ったと手ごたえを感じる代表内山です。

                   まず、業務連絡です。 UKspeedは8月13日から17日までお盆休みを頂きます。ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願い致します。


                   さて今回はマスタングジャンキー平○くんの話題です。 彼は比類なきマスタングジャンキーで、ある筋では、その名声は北半球を駆け巡ると噂されています。 1年スパンで計画を立て、それに向けて毎日夜中まで作業に励むというトビ具合です。 
                   
                   そんな彼に今回も非常識な時間に呼び出されましたのでブログネタにしてやります。 まず、私が何をしにいったのか・・・、コンプレッサー持って行っただけです。 諸事情により4tトラックで・・・。 当たり前ですが、普段乗る機会がないので街路樹の枝をバッサバッサなぎ倒しながら彼の住処まで向かいました。
                   
                   彼のアジトへコンプレッサーを運ぶと・・・、おっと! マッハ1のエンジンブロックだけがあるぞ! 




                  全部バラしやがったのか、、、









                  スゲー、、、










                  暇人。




                  ではなく、完璧主義者!

                   せっかくばらして、シリンダーもホーニング×8したので綺麗にしたいとの事でエアガン+パーツクリーナーでブシュブシュと掃除するそうです。


                  ブシュブシュブシュブシュ!←エアガン 


                  ブロロロロロロロッロ!←コンプレッサー






                  ブシュブシュシュシュシューー!←エアガン (午前0時)







                  ブロロロロロロロロロォォォォォォッ!←コンプレッサー (午前0時30分)








                  ブシュブロブシュブロブシュブロロロロロロォォォォォ!←騒音規制法に抵触(午前1時)
                   
                   そろそろヤバイやろ・・・、と思ったところで作業完了しました。 さすがはジャンキー、普段は代表の何倍も常識ある男が、ブッ飛んでしまうとこうなると、、

                   で、作業完了後、彼の愛車グランデの方(彼は只今、フォードマスタング グランデとmach1の2台を所有している)のミッションをオートマからマニュアルに載せ換えたということで見せて頂きました。

                  キラリと光るシフトレバーが男の証!と言わんばかりでした。

                  本当にジャンキーです。

                   しかし、彼のジャンキーっぷりはこんなものではありません!
                  彼は、会社の寮で生活をしているのですが、マスタングの部品を収集しすぎて部屋を二つも占拠しているのです! 彼の部屋の隣の部屋もそうですが、ついにやってはいけない領域にまで達したのです! これがその衝撃写真です!

                   部屋の表札をご覧下さい! 彼は卑劣な手口で寮長をメキシコへ飛ばし、寮長になりすまし、この部屋も占拠していたのです! この動きを見て下さい!どう見てもお天道様に顔向けできない者の動きです!

                  で、問題の部屋内ですが、密輸入品の山がありました、暴○団の資金源にもなっていると言う噂です。

                  トランクの床から、ドア、内装パーツに至るまで恐ろしく品揃えがいいです。何かある・・・。 そう睨んでいるのは私だけではないでしょう。
                   
                   と、冗談はさておき、彼は純粋なマスタング好きです。 詳細はUKspeed linkから彼のHPに行けますのでご覧下さい。

                   お陰で、本日は超眠い一日になりそうです。 そのうち何か手伝わせてやるっ!







                  uk-speed * 旧車 * 15:39 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  色んなバイクがやってきた!

                  0
                     最近、仕事が暇でギターが上達してしまった代表 内山です。

                     本題に入る前に、ちょっと小話。
                     
                     この間、お店に見慣れない顔の人間が入ってきたので「どちら様ですか?」と声をかけたら、その方はまるで私の知り合いかのように「いやいや、何をいってるんですかー。」と言われたので、失礼ですが、もう一度その方のお顔を拝見すると、たしかに見覚えがあったので、考え込んでいると「何をそんなに悩んでるんですか。」と、、、、。 しかし、思い出せない。 
                     
                     少しの間を置いて、

                     ひらめきました、

                     テレビで見たことがある!!

                     そう!来店されたのは北海道出身 芸能人の大泉 洋さんだったのです!

                      代表「大泉 洋さんですよね!!」

                      X「違います。」

                     代表、深く悩む・・・・・・・。


                     だれ?

                      
                      X「僕ですよ! 髪切ったんですよ!」

                      代表「福浦か!」

                     そう、Xの正体は店長 福浦でした。

                     彼は、髪を切ったというかパーマあてておりまして、まるで別人だったのです。

                     いやー、彼が大泉ファンだとは知らなかったので以外でした。

                      代表「いつから好きやったん?」

                      福浦 洋「違います。」

                     違う?何が?

                      X「見たらわかるでしょ! 皆、そう言いますよ!」

                     はて? なんの事やら・・・。

                      X「キムタクですよ! キムタクみたいにしてもらったんデスヨ!」

                      代表「マジで!?」

                     皆さんはどう思いますか?



                     さて、長い余談はさておき、標題です。
                     諸事情により、UKspeedに色んなバイクが(3台ですけど)やってきました!
                    旧車マニアにはたまらないバイクたちです。

                    生まれは1960年代 当時の定価66000円 ホンダ スポーツカブ65!




                     クラシカルだと思いませんか? ノーマルでハイカムのイカした野郎ですが、エンジンいじる予定です。 とりあえずはカブ70の腰上でも移植してやろうかなって感じです。 勿体無いと思われる方、ご安心下さい。 エンジンは12VのCD50が載っちゃってますので、いじってもいいんです! 代表の通勤の足SPLになる予定です。

                    続いて、1970年代 当時の定価69000円 ホンダ ベンリィSS50!



                     ノーマルで5速ミッション!ビックバルブ!ハイカム!物凄い仕様です。 当社では、このたび若者向きのスポーツ車〈ホンダベンリイSS50〉を、さらに扱い易く安全に、スタイルもフレッシュにモデルチェンジして発売いたします。 とかゆう うたい文句とはウラハラです。 しかし、レース用にされています。 勿体無いと思われる方、ご安心下さい。 ノーマルパーツは全てあります。 レース用にしてもいいんです!

                     最後に、旧車ではないんですが、MEKANOファクトリー製 ヤマハ 瑠熱砂(ルネッサ) 

                     

                     元モトショップメカノの常連様で、現UKspeedの名誉調達係長のあらっきー様に、納車されるべくやってきました。 ちょっとの間の預かりです。 興味のある方は、ちょっと間ありますので来店、ご覧になって下さい。 あらっきー様の車輌ですので、触ったりは禁止ですが、見るだけでもテンション上がると思います。

                     最後に刀1100。





                     ロック&マッドマックス&てな感じ。 エンジンはGSF1100、足回りはWPetcetcてな感じで世にも恐ろしい仕様になっております。これは、売り物ではなくて友人の所有物ですが、珍しいのでアップしました。

                     てな感じで、UKspeedには普通のバイクショップではちょっとお目にかかれない珍しいバイクがありますので是非、見に来て下さい!

                     この場をかりてUKmemberにご連絡。
                    来る8月16日 UKツーリング2008in お盆! の行き先、ルートが決まりました。
                    朝7:00にUKへ集合し、箕面→妙見→京都縦貫道→天橋立→ワインディング→温泉→キャノンボールというプランになりました。 今のところ6台の予定してます。
                    このブログを見て、是非参加をしたいという方はご連絡下さい! 
                     
                     で、翌週の23日は 第一回 UKspeed cup in 近畿スポーツランド!(練習行くだけですが)を開催いたしますので、早くN5をもう一台仕上げましょう! こちらは、皮ツナギをお持ちでない方の参加はご遠慮下さい。 観覧ご希望の方は連絡頂ければ対応いたします。
                     
                     みんな、イベント前にバイク壊したり、怪我したりしないようにしてなー。 
                    uk-speed * 旧車 * 17:33 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

                    石川県逃避行

                    0
                       ご無沙汰しております。 UKspeed代表 内山です。 昨日、カップ焼きソバを食べようと流しで湯切りを勢いよくしていて大事な麺を流しにブチまけ、「今日は晩飯抜きじゃあ!」と自分に逆切れしていた今日この頃です。 話は変わりますが、最近、お陰さまでジリジリと忙しくさせて頂いております。 以前までの、今日もお客さん来えへんなぁ〜と毎日ぼやいていた日々が懐かしく思えます。 これもひとえに皆さんのお陰と感謝しております。 ありがとうございます。

                       で、今回もよりによって超諸事情で石川県は小松市に行って参りました。小松市はかの有名なフォークリフトメーカーKOMATSUが本社を置く、大変、大変、大変な田舎!?でございます。 実はコマツ本社以外にもう一つ、マニアの間では有名な所がありまして、今回はそちらに行って参りました。 かの○○天皇や○○大臣なども訪れた事もあるそうです。 歴史は古く、今からおよそウンチクウンチクウンチクetc・・・。

                       ということで、こちらをご覧下さい!

                      シトロエンのHトラックです。 なんと男らしい乗り物か!

                       こんな奴らが盛り沢山! 「日本自動車博物館」 に行って参りました!

                      写真をたくさん撮りましたが、インターネットで紹介されている車輌以外の車輌をご紹介します!

                       まずは初代デボネア 通称Lテール こまごましたところが僕のと違ってカッコイイ! 名前の由来Lテール!は、見えませんでした。フロントから見てわかる違いはウインカーくらいかなー。 がっ! エンジンは別物! 僕のは直列4気筒ですが、初代は直列6気筒! 乗ってみたい・・・。

                      そしてこいつが、旧太陽工業の現マツダのコスモスポーツ! 国内初ロータリーエンジン車! これが雑誌で見るより低いし!エッジ効いてるし!超かっこよかった!

                      で、ちょこっとバイク。



                      山葉YA-1



                      ラビットにピジョん〜。


                      マニアックな方はお気づきですね?
                      スクーターにして、水平対抗ですよ!
                      なかなか目の保養になりました、昔の人が無い技術を元に無理矢理にでも良いものを作ろうと奮闘した事が見た事のように想像できます。 他にも色々と見ましたがいい刺激になりました。 

                      ん?今回のオチですか? んなもんねーよ! 
                      そうそう、1台NSR50ゲットしました。 近々、みんなで近スポ行きましょう!
                      team un speed久々に復活!ってことで。 
                      team員でない方も興味のある方はご連絡下さい!一緒に行きましょう!

                      uk-speed * 旧車 * 22:29 * comments(4) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ