<< 広島の平和モーターサイクルへ行ってきました。 | main | またまたTIです。 >>

BHCシェイクダウン!?

0
    最近、一日が早いわ、眠たいわ、くしゃみ出まくるわ、と大忙しの代表です。

    今週は、ついにシェイクダウン!?BHC ハーレーカスタムの巻です。


    ながーーーーーーーい間、オーナー様には待っていただきましたが、ようやくその日を迎えたわけであります。

    平和モーターサイクルの木村代表に、激励されてのラストスパートが効きました。

    では、カスタム内容をどーぞー。


    まず、ダミーエンジンを前へ搭載するために、エンジンを後ろにずらすのですが、フレームは加工はしないで欲しいというお客様からのご要望がありましたので、エンジンマウントマウントを作成しました。



    エンジン前に見えてるプレートがそれです。

    ここのエンジンマウントマウントのエンジンマウントにエンジンがマウントし、その前にダミーエンジンがエンジンマウントマウントにマウントし、エンジンマウントマウントがエンジンマウントにマウントするというすんぽうです。※この文章を理解するには英検3級以上が必要です。

    素晴らしい発想でしょ?

    で、エンジンがのったところで、キャブ位置を変えるために、インマニを作成します。

    まず、インマニにふさわしい径の鉄パイプを魔豚肉の力により、曲げます。(週刊少年ジャンプから引用!?)




    画面左から出ている青白い炎の様なものが、プロパンを元に発生させた魔豚肉の力(フォース)です。

    この、力により、熱せられた鉄パイプを3次元に曲げていきます。

    曲げた鉄パイプを適度にカットし、作成したフランジに溶接します。



    じじじーーーと。





    はいっ!

    完成!!

    お次は、大胆に加工したシリンダーヘッド!!&ダミーキャブ!!取付。




    この、ダミーキャブは実は、塩こしょう入れだそうです。
    おもしろいものが、あるもんだ〜。


    次ニー、ロボットハンドル取付ー。

    勿論、配線はハンドルパイプの中を通しております。



    アクセルリンクも移設し、




    かんせーーーーーーい!!




    このカスタム、UKspeed史上始まって依頼の規模でした。
    本当に頭絞って、人脈使って、機械買って、UKメンバーに手伝ってもらいまくって完成しました。

    走らせたら問題も出てくるかもしれませんので、そういう意味でシェイクダウンとさせていただきました。

    このカスタム依頼のおかげで、色々と成長できました。
    オーナー様、ありがとうございました。

    これからも無理難題お願いしますm(_ _)m

    まだまだ、退屈しないUKspeed!

    来週のブログもお楽しみに!!
    uk-speed * カスタム * 21:10 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ