<< アドレスV125 ボルトオンステアリングダンパーキット発売!! | main | 1年に1度、全てが自由な、「自由の国」ツーリング 後編 >>

1年に1度、全てが自由な、「自由の国」ツーリング 前編

0
    誰かが言った、全身の肉が舌の上でとろける霜降り状態の獣がいると。

    誰かが言った、濃厚で芳醇なマスクメロンや完熟マンゴーの高級果実のジュースや、甘みのある泡がとめどなく踊る爽快な喉越しの飲み物がわき出る和泉があると。

    誰かが言った、全裸で走り回ること以外、全てが許される人口わずか17人の自由の国があると。



    今年も、毎年恒例の春のツーリングに行ってまいりましたので、そちらのレポートです。

    日程は、1泊2日とは名ばかりの強行ツーリング!

    題して「自由の国ツーリング」!

    今年はどんな波乱が巻き起こるのか、こうご期待!!



    ツーリング初日。

    自由の国ツーリングは、全裸で走り回ること以外の全てが自由なツーリングです。

    つまり、誰が、いつ、どこから出発しようと、自由なのです!!


    よって、何班かに分かれて出発します。

    あるものは、午前中、またあるものはお昼、またまたあるものは、夕方。

    そして、代表を中心とした班は、仕事終わりに直行する最終班。

    よるの出発になります。

    気をつけねば―。



    遅い時間に、代表班は出発。
    CBR929RR、YZF R-6、NINJA250R、V-TWIN マグナの4台で出発。

    夜遅いし、連休前だし、安全運転で全員仲良く出発!

    目指せ!自由の国!!


    途中のSAで小休憩と定時連絡。


    先発隊はどうやら、待ちきれずに宴会をおっぱじめているようだ!!

    いそがねば!!



    そこから、またさらに移動し、自由の国に向かう。

    これまた、途中も、夜だし、危ないし、連休前だし、安全運転でみんなで仲良く、そして、そこそこそこの車間距離を保ち、移動。

    そして、たどり着いたら、自由の国王国民が国王(代表)の帰還に整列し、敬礼!

    一同「おかえりなさいませ!!」(って言ってたような、いってなかったような)

    そして、すぐさま、全員が無事にそろったことを確認し、かんぱーーーーい!!!




    王国民17人すべてで大宴会スタートだ!!

    全裸以外は何でも許す! 存分に楽しんでくれたまえ!!

    王道のBBQ、今回も火の番人はODA、すきだねー。


    美味しいお肉が次々と焼きあがります。
    全ての命に感謝して、頂きまーす!!

    猪肉、鹿肉、ホルモンと頂き、思わず!!



    猪鹿腸!!





    楽しい会話、雰囲気、万点の星空、おいしいお肉。 皆楽しんでます。


    そして、テーマは自由! 寝ても良いし、寝方も自由!!



    つまり、これも自由!!


    眼鏡が鼻の前にあると、息苦しかろう、とって進ぜよう、などという親切など、ただの、自己満足!!!


    こっちは、やりたくて、やってんだよぉぉ!!!!
    美痴愚祖野郎!!!





    そう、何をしても自由!!

    と、言ったそばから、IQが低い順に脱ぎ始めます。

    IQ 1




    IQ 2




    捕獲レベル 3

    こいつは、全裸まで行ったので、死刑!!

    IQについての異議申し立てには答えない! なぜなら、自由だから!!



    と、楽しい夜は、どんどん更けていきます。

    そして、朝!!


    綺麗な朝日!!

    代表も思わず起きて、日の出とともに朝食。

    いろいろ焼くぜ!!

    美味しいぜ!!

    楽しいぜ!!


    この後、代表は、おなか一杯になったので、2度寝。


    この日の、夕方には、帰ります。

    楽しい時間というのは、あっという間に過ぎますね。

    しかし、かなりの効率で、元気がチャージされています。

    こういう息抜きがあってこそ、普段の仕事などを頑張れるんですよね。

    早くも残り1日切ったけど、まだまだ楽しむぞ〜と、代表はひと眠りしましたとさ。



    1年に1度、全てが自由な、「自由の国」ツーリング 前編
    おしまい。
    uk-speed * ツーリング * 16:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ