<< ALL☆STARに参戦してきました!! | main | ツーリングに行ってまいりました! >>

アドレスV125 目指せ!125ccでフロントアップ!! 油漢コンプリート車!油漢号!製作開始!!!

0
    秋の夜長、お月見に、ハロウィン、そんな季節になってしましましたねー。 先日までの灼熱のイベントの日々が嘘の様に、涼やかです。 12日のツーリングまで、少し時間があるので、アドレスV125 カスタムパーツメーカーのコンプリート車の作成にとりかかっております。 ツーリングといえば!!!ツーリングは出発時間が8時に変更になりました! 宜しくお願い致します!!


    ツーリングも楽しみですが、お仕事も楽しんでおります。

    今回、コンプリート車を製作するので、いろんな部品を加工に出したり、自分でしたりと手間がかかります。 故に、少しでも時間が出来たら、手を付けるようにしております。

    加工に出していた部品たちも、戻り始め、代表自ら、加工している品も、少しずつですが、増えてまいりました。

    本来は、企業秘密!?な部分も、大公開!! 何をしているのか順にご紹介!!

    まずは、エンジンの心臓部分である、クランクシャフト!!



    上がノーマル、下が加工に出した品。
    わかる人にはわかる、この違い!! 機械詳しくない人には、さっぱりだと思います・・・。
    なぜ、おにぎり型や、碇型ではないのか!?それには、アドレスならではの理由があるのです・・・。
    これで、エンジンが回る!!振動が増す!!アイドリングが不安定になる!!ピーキーなエンジン特性になる!!



    お次は、シリンダーヘッドのポート加工!!

    左が、拡大したもの、右はノーマル。 ノーマルは黒く汚れすぎてよくわからないですね。 ご勘弁を。



    そして、このシリンダーヘッド!! ストレートポートなのです!!


    ほらね!! わかる人にはわかる!!


    はず!!





    この、シリンダーヘッドは、ヘッド面研に出しました。



    よくわかりませんね。 もう少しよります。

    こちらノーマルヘッド。
    バルブと、ヘッド面との隙間を見ててください。


    お次は、面研ヘッド!!



    違うでしょ? 燃焼室が小さくなることによって、圧縮比がアップして、パワーが増します!!

    それから、油漢一押しのビッグスロットルボディー投入!!



    左が、油漢 ビッグスロットルボディーで、右がノーマルです。

    それからー、ロッカーアームの軽量化です。

    左が軽量したロッカーアーム 約2g軽量化!!



    そして、油漢ハイコンプウエストバルブ投入!!
    バルブが、ポートに露出する部分を細くすることによって、吸気抵抗、排気抵抗を低減します。
    これによって、レスポンスアップが期待できます。 が、ここまでは、ただのウエストバルブでもできることですが、こちらの商品は、同時にハイコンプも!!


    バルブ底面に注目!! 純正はへこんでいますが、油漢ハイコンプウエストバルブは、そこが平らでなおかつ、傘部全体が少しせり出しています。




    そして、油漢 ハイコンプピストン!!
    左が純正、右がハイコンプピストンピストンショルダーが1mm高いうえに、中央部分が膨らんでいます。
    こいつでも、圧縮を稼ぎます!!






    それから、高圧縮エンジンを作るにあたって欠かせない商品、純正より、0.4mm薄い、油漢トルクアップベースガスケットや、MOS製 ハイカムシャフト、などを投入予定!!






    ヘッド面研とベースガスケットをうすくした結果、カムスプロケットと、クランクタイミングギヤの距離が、近くなりすぎて、カムチェーンがたるむという、ゆゆしき事態に!!


    そこで!!

    えいっ!!




    やぁ!!



    カムチェーンテンショナー延長!!

    これで、カムチェーンがたるむことはありません!!



    まだまだ、やること山積みの油漢号!!

    油漢製 内圧バルブ、フューエルコライダー、ダイレクトイグニッションコイルetc


    全て、組み込んでいきます。 それが終わったら、燃料セッティング、そのあとは、サーキットへ赴き、足回りのセッティング、そして、最後に、イケてる外装を装着!!と、道のりは長いですが、11月中の完成を目標に着々と進めてまいりますので、みなさん、お楽しみに〜!!

     
    uk-speed * 油漢 * 20:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ